東京都の小池百合子知事は11日、新型コロナウイルスの感染者に関し、都内の保健所から計111人分の報告漏れがあったと都の配信動画で明らかにした。二重計上などの誤りも複数あり、都が詳しく調べている。

 小池氏の説明によると、発症から療養までを一元的に管理するセンターを設立し、これまでのデータを精査する中で報告漏れなどが判明。今後は、国や保健所とさらに連携を強化し、正確な情報を迅速に提供できるよう努めるとしている。