【ブリュッセル共同】ベルギー政府は11日、新型コロナウイルス対策の外出規制の緩和を拡大、飲食店以外のほぼ全ての商店の再開を条件付きで認めた。首都ブリュッセルでは歩行者天国の商店街を一方通行にして通行人同士の接触を極力抑制。当局は街のシンボル「小便小僧」に国旗を描いたマスクを着用させ、感染防止の啓発に努めた。

 一般の商店街はややにぎわいを取り戻したが、外国人観光客は入国できないため観光エリアの人影はまばら。小便小僧の近くで土産物店を営むスルタンさん(55)は「客が全く来ない。電気代もかかるし、明日は店を再び閉める」と話した。