【ブリュッセル共同】開発中の新型コロナウイルスのワクチンを巡り、発展途上国を含む全世界に供給する方策などを話し合うインターネット上の首脳会議が27日開かれた。欧州連合(EU)欧州委員会と国際非政府組織(NGO)が主導し、フォンデアライエン欧州委員長や英仏独首脳、グテレス国連事務総長らが参加、途上国支援を議論した。各国首脳らは会議中、計69億ドル(約7400億円)の拠出を約束した。

 首脳会議に続き、ジャスティン・ビーバーさんやシャキーラさんらが参加するネット中継コンサートが日本時間28日未明に行われ、ウイルス検査拡充やワクチン開発への寄付を呼び掛ける。