【パリ共同】フランスのマクロン大統領は29日、環境保護や気候変動対策に取り組む責任を憲法に明記するため、来年以降に国民投票を行う用意があると表明した。