朝日放送テレビ(大阪市)は7日、東京制作部が撮影するドラマの外部スタッフの20代男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。ドラマの出演者や他のスタッフもPCR検査を受けており、結果が判明するまで撮影は見合わせるとしている。

 ドラマの放送予定や題名は発表していない。男性はフリーランスの撮影助手で、1日の撮影前に発熱があり、へんとう炎と診断され帰宅。症状がなくなったため3日の撮影にはマスクを着用し、出演者と距離を保って参加していた。同居の家族がPCR検査で陽性だったため、本人も4日に同検査を受けると、6日に陽性と判明したという。