【ニューヨーク共同】米富豪ジェフリー・エプスタイン被告=勾留中の昨年8月に自殺=による少女への性的虐待事件に絡み、ニューヨーク州金融サービス局は7日、ドイツ銀行が、1億5千万ドル(約160億円)の罰金を支払うと発表した。エプスタイン被告の金融取引の監視が不十分で「重大な法令順守違反があった」としている。

 エプスタイン被告の金融取引について、監督当局が金融機関を処分するのは初めてという。

 同当局の責任者は「ドイツ銀行はエプスタイン被告のひどい犯歴を知っていたのに、何百万ドルもの疑わしい取引の検知や防止ができなかった」と指摘した。