東京都は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに258人報告されたと明らかにした。都内の感染者数は8月に入っても高水準で推移しており、3日時点の直近7日間では1日当たりの平均が338.3人に上る。累計は1万3713人となった。50代の男性の死亡も報告され、都内の死者累計は333人となった。

 新規感染者のうち、20代の110人と30代の60人で約66%を占めた。感染経路は家庭内が27人、職場内が25人など。夜の繁華街関連は17人だった。感染経路の不明は半数を超え、137人。

 都は警戒度を4段階の指標で最も深刻な「感染が拡大している」に位置付けている。