【ニューデリー共同】5日投票のスリランカ議会選(一院制、225議席)は6日、開票が始まった。昨年11月の大統領選で当選したラジャパクサ氏は憲法改正を可能にする3分の2の議席獲得を目指しており、地元メディアによると、兄で元大統領のマヒンダ・ラジャパクサ首相が楽観的な見方を示した。選挙は比例代表制で、大勢は7日にも判明する見通し。

 大統領は5日、新型コロナウイルス感染が懸念される中で投票率が71%近くになるとの見通しを示し「(政府の)努力に国民の信頼が示された」と表明した。改選前の議会では大統領選で対立候補を推した勢力が第1党だった。