【ローマ共同】バチカン公式メディアは6日、ローマ教皇フランシスコが広島への原爆投下から75年を迎えたのに合わせて広島県の湯崎英彦知事宛てにメッセージを出し「平和の花を開かせるには、全ての人々が核兵器を捨て去らなければならない」と訴えたと伝えた。