【ソウル共同】韓国・京畿道広州にある元従軍慰安婦の女性らが生活する支援施設「ナヌムの家」を巡り、京畿道は11日、約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)のうち大半が目的外の用途に不正流用されていたとの調査結果を発表した。内部告発を受け調べていた。

 調査によると、支援施設に用いられたのは約2億ウォンにとどまっていた。残りは運営する仏教系の社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」が法人口座で管理。京畿道は、このうちの多くが一般向け療養施設の新設や土地の購入用に蓄財され、入居者のために使われなかったとみている。