新型コロナウイルスに感染した飼い主からペットを無償で預かる事業を展開するペット保険「アニコムホールディングス」(東京)は18日、8月に預かった犬1匹から陽性反応が出たと明らかにした。飼い主から感染した可能性が高いとみている。現在は陰性に変わり、飼い主の元に戻っている。

 同社では、新型コロナに感染した2世帯から7月下旬に預かった犬計2匹に対して規定のPCR検査を行った結果、陽性が判明。国内で初めてペットの陽性が確認されたとして既に公表している。2匹については、後の抗体検査でも陽性反応が出たため感染が確定した。