【パリ共同】フランスのルメール経済・財務相は18日、新型コロナウイルスの感染検査で陽性となったとツイッターで明らかにした。直ちに自宅で7日間の自主隔離に入ったが、症状はなく職務を続けるとしている。

 地元メディアが伝えた首相府の見解によると、マクロン大統領やカステックス首相はマスクを着用し対人距離を保っていたため、接触者と見なされないという。

 フランス政府の閣僚では、3月に当時文化相だったリーステール氏が感染した。