梶山弘志経済産業相は25日、東京電力福島第1原発で増え続ける処理水に関し「早急に処分方針を決定していく必要があるが、意見を伺いたい関係者がまだ残されている。しっかりと聞いた上で結論を出したい」と述べた。訪問先の福島県で取材に答えた。

 残された意見聴取対象に全国漁業協同組合連合会が含まれることも明らかにした。全漁連は今年6月の通常総会で、処理水の「海洋放出に断固反対する」との特別決議を全会一致で採択している。

 梶山氏は江島潔経産副大臣とともに福島県庁を訪れた。面会した内堀雅雄知事は「廃炉・汚染水対策が安全、着実に進められることが復興の大前提」と要請した。