北海道大の豊嶋崇徳教授(血液内科学)の研究グループは29日、新型コロナウイルスの無症状者約2千人に唾液によるPCR検査をした結果、診断の精度は約90%で、従来の鼻の奥の粘液を取る方法と遜色がなかったと発表した。

 空港で入国したり、保健所で濃厚接触者と判明したりした無症状の1924人から唾液と鼻の奥の粘液の双方を採取し、PCR検査した。鼻の奥の粘液で従来約70%とされていたPCR検査の精度は、鼻の奥の粘液も唾液も、ともに約90%だった。

 唾液採取は安全で簡単だとしてPCR検査の標準的手法として推奨できるとしている。研究成果は米国感染症学会雑誌に掲載された。