【モスクワ共同】中央アジア・キルギスの中央選挙管理委員会は24日、大統領選を来年1月10日に実施すると発表した。国営カバル通信が報じた。今月4日の議会選で与党系3党が圧勝したとする選管発表に対し、抗議デモが広がった結果、ジェエンベコフ大統領が15日に辞任していた。

 政治混乱の中、服役先の刑務所から解放された元野党議員のジャパロフ氏が首相と大統領代行に就任。憲法規定で大統領代行は大統領選に出馬できないが、同氏は憲法改正を経て立候補資格が得られれば出馬する意欲を見せている。