【北京共同】中国外務省は26日、米ABCテレビやロサンゼルス・タイムズ紙など中国で活動する米メディア6社に対し、中国国内でのスタッフや財務状況、所有不動産などに関する資料の届け出を求めると発表した。米国が中国メディア6社を新たに「中国共産党の宣伝機関」と認定したことへの対抗措置で、管理強化により圧力をかける構えだ。

 外務省の趙立堅副報道局長は公式サイトで、米側の行為が「政治的な圧力で、両国の正常な交流を妨害した」と批判した。米政府は21日、上海市の共産党機関紙「解放日報」など6社について、米国で活動する従業員や保有資産の届け出を義務付けると発表した。