新型コロナウイルスは中国のコウモリから別の動物を介して人間に広がった可能性が指摘されている。東京大の村上晋准教授(ウイルス学)らの研究チームは日本固有種のコウモリからも似たウイルスを検出したと、米疾病対策センターの専門誌に26日までに発表した。

 人の細胞に感染しないため、村上さんは「新型コロナの直接の起源ではない」とみているが、日本で人畜共通感染症が生じないよう「野生動物にどんなウイルスがいるのか、人に広がる可能性など、詳しく調べる必要がある」と話している。

 ウイルスは、2013年に岩手県の洞窟で捕獲したコキクガシラコウモリのふんから見つかったという。