菅義偉首相は27日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、観光支援事業「Go To トラベル」で札幌市、大阪市を出発する旅行も「利用を控えるよう直ちに呼び掛ける」と述べた。予約済みの旅行は12月7日までに解約すればキャンセル料は無料。両市を目的地とする旅行は割引対象から既に除外しているが、出発分も制限を求める声が相次ぎ、わずか3日で修正に踏み切った。

 医療体制崩壊への危機感が背景にあるとみられ、菅首相は「医療提供体制の逼迫に対応するため、早急に病床確保を進めるとともに、入院の必要性の高い方を優先するよう自治体の運用を徹底させる」と強調した。