北海道と札幌、旭川、小樽の3市は4日、新型コロナウイルスに計210人が感染し、計13人が死亡したほか、計2人が再陽性になったと発表した。道内の感染者は計9641人、死者は計237人となった。

 またクラスター(感染者集団)が発生している旭川市の旭川厚生病院は4日夕時点で感染者が計214人になったと発表。永寿総合病院(東京都台東区)と並び、病院としては国内最大規模のクラスターとなった。

 新規感染者の発表は札幌市が113人、道が66人、旭川市が29人、小樽市が2人。死者は旭川市が7人、札幌市が4人、道が2人。再陽性は道と札幌市がそれぞれ1人。