【北京共同】中国の習近平国家主席は25日、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム(WEF)」が主催するオンライン会合「ダボス・アジェンダ」で講演し、貿易戦争などは「各国の利益を損なう」と強調した。米国との対立が極度に悪化したことを踏まえ、発足から間もないバイデン米政権に協調を呼び掛けた形だ。

 バイデン大統領の就任後、習氏が国際的な舞台で発言するのは初めて。習氏は「『新冷戦』で他国を脅し、デカップリング(切り離し)や制裁をするのは世界を分裂、ひいては対抗に向かわせる」とも述べ、中国に対する強硬な姿勢を加速させないよう米国をけん制した。