【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は1日、1919年に日本の植民地統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」を記念するソウルの政府式典で演説した。歴史問題で「いつでも日本政府と向き合って対話する準備ができている」と強調、相手の立場に立って膝を突き合わせれば「過去の問題もいくらでも賢明に解決できると確信する」と述べた。

 歴史問題と切り離して日本との協力を進めたい意向を強調したが、日本政府への具体的な要求や新たな提案はなかった。

 文氏は、日韓は「あらゆる分野で互いに非常に重要な隣国になった」とし、日韓協力が北東アジアの安定と繁栄、日米韓の協力にもつながるとした。