【ソウル共同】韓国の尹錫悦検事総長は4日、記者団に「検察での私の役割はここまでだ」と述べ、電撃的に辞任を表明した。自身が抵抗してきた文在寅政権の検察改革などを念頭に「韓国社会が長い歳月をかけて築いてきた常識と正義が崩れるのをこれ以上、見ていられない」と強調した。

 尹氏は、文政権に切り込む捜査を進め、対立を深めてきた。文政権に批判的な保守勢力から支持され、世論調査では次期大統領にふさわしい人物として上位に入る。動向次第では、来年3月の大統領選に向けた「地殻変動」(韓国紙)が起きる可能性がある。