厚生労働省は7日、新型コロナウイルスワクチンを接種した30代女性が、重い副反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。投薬後に症状は改善したが、経過観察の目的で入院した。発生は国内3例目。

 厚労省によると、7日に米ファイザー製のワクチン接種を受け、約5分後に息苦しさやのどの違和感などの症状が出た。女性は食物や動物、殺虫剤によるアナフィラキシーの経験があった。

 厚労省の医薬品安全対策に関する専門調査会会長の岡明・埼玉県立小児医療センター病院長は「アナフィラキシーの経験がある場合、接種後は特に注意することにしており、今回も適切な対応がなされた」としている。