発祥の地、京都から感動届ける 全国女子駅伝開会式、15日号砲

発祥の地、京都から感動届ける 全国女子駅伝開会式、15日号砲

 皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)の開会式が14日、ロームシアター京都(京都市左京区)で行われた。47の代表チームが集まり、都大路での熱走を誓った。

 各チームの主将が都道府県旗を掲げて入場し、昨年優勝した愛知が皇后杯や優勝旗を返還。日本陸連の横川浩会長は、100年前に京都から東京までつなぐ最初の「駅伝」が開催されたことに触れながら、選手を激励した。今年の国体開催県となる愛媛の岡田佳子主将(松山大)が、「歴史と文化に満ちた古都の地で、心のたすきをつなぎ、笑顔と感動を届けることを誓います」と宣誓した。

 式典前には駅伝発祥100年を記念して、プロ・ランニングコーチの金哲彦さんと、北京五輪5000メートル代表で全国女子駅伝でも活躍した小林祐梨子さんのトークイベントもあった。

 レースは15日、西京極陸上競技場(右京区)を発着点に、国立京都国際会館前(左京区)を折り返す9区間42・195キロで行われる。号砲は午後0時半。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

19時29分更新

京都のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索