滋賀・長浜で積雪50センチ 鉄道に影響

 彦根地方気象台によると、滋賀県内の積雪量は14日午後11時時点で、長浜市余呉町柳ケ瀬で50センチ、高島市今津で41センチ、彦根市で35センチ、米原市で28センチなど。最低気温は甲賀市信楽町でマイナス3・9度、同市土山町で同3・6度を記録した。15日午後6時までに予想される24時間降雪量は、県北部の山間部で60センチ、平地で40センチ、県南部の山間部で30センチ、平地で10センチと見込んでいる。

 近江鉄道の鳥居本−彦根間では午後4時ごろ、雪の重みによる倒木で電線が切れて信号関係の機器が故障した。この影響で同8時現在、彦根−米原間の運転を見合わせている。同社によると、運転再開の見込みは立っていないという。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

12時17分更新

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索