おいしく外来魚駆除、学生が企画 滋賀・守山

おいしく外来魚駆除、学生が企画 滋賀・守山

 野洲川の分流だった大川(滋賀県山市今浜町)の環境整備に取り組む立命館大の学生団体「haconiwa」のメンバーが3日、同市今浜町の美崎自治会館で、琵琶湖や同川で増えている外来魚を使った料理を試作した。

 外来魚を駆除しつつ、利用できる方法を知ってもらおうと企画した。琵琶湖で漁師を営む戸田直弘さん(55)が朝に捕獲したブルーギルとブラックバスを準備。琵琶湖博物館で長年学芸員を務めた秋山廣光さん(65)がさばき方を教えた。

 メンバーの5人は、ブルーギルを三枚おろし、ブラックバスを切り身にした。それぞれ唐揚げとムニエルを作り、臭み無くふわっとした食感に仕上がると「思ったよりおいしい」と驚いていた。

 料理はさらに試作を重ね、10月上旬に同大学びわこ・くさつキャンパス(草津市)で開かれるイベント「Sustainable Week」で販売する。戸簾隼人さん(19)は「食を通じて琵琶湖や大川を本来の生態系に戻していきたい」と話していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索