舞う人形、池の斎串奪い合う 京都・下鴨神社で夏越神事

舞う人形、池の斎串奪い合う 京都・下鴨神社で夏越神事

 京都市左京区の下鴨神社で6日夜、立秋前夜の伝統行事「夏越(なごし)神事」が営まれた。御手洗(みたらし)池に立てられた50本の斎串(いぐし)を上半身裸の男たちが奪い合い、無病息災を願った。

 斎串は厄よけや開運の御利益があるとされ、矢のような形をしていることから「矢取り神事」とも呼ばれている。

 蒸し暑さの残る午後7時すぎ、本殿で神事を終えた神職と氏子が池のほとりに集まった。罪やけがれを移した大量の紙の人形(ひとがた)が池に投じられるのと同時に、約50人の氏子が一斉に池の中になだれ込み、水しぶきを上げながら斎串を取り合った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索