滋賀県、ヒアリへの警戒強化 物流拠点での対策検討

 滋賀県が、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」に警戒を強めている。内陸県のため国内で発見が目立つ国際港はないものの、物流の要衝に位置し、貨物などと一緒に侵入する恐れがあるためだ。県内での発見例はないが、不安を持つ県民からの問い合わせは増加しており、県は情報提供の充実や対策の強化を検討している。

 県によると、7月末までに寄せられたヒアリの問い合わせは約30件で、ほとんどが「このアリは、ヒアリではないか」という相談だったという。いずれもヒアリではなかった。県は同様の問い合わせが市町にも相当数寄せられているとみている。

 そのため、県はヒアリか在来アリかを見分ける簡易的な方法をホームページで紹介できるように準備を始めた。具体的には、ヒアリの特徴とされる▽赤っぽい体の色か▽体長は2・5ミリ〜6ミリの間か▽同じ群れの中に2・5ミリ〜6ミリのさまざまな大きさの働きアリが混在しているか−といった点から判断してもらえるようにするという。

 一方、海外からの貨物を取り扱う物流拠点などでの水際対策も検討中という。県自然環境保全課は「今の段階では、物流拠点近くでなければヒアリの可能性は低いとみられる。安心してもらえるよう、きっちり防ぎきる態勢をつくっていかなければならない」としている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索