21年全国植樹祭、滋賀県に内定 46年ぶり2度目

 滋賀県は9日、招致していた2021年全国植樹祭の県内開催が内定した、と発表した。湖国では1975年5月に栗東市の金勝(こんぜ)山で催された第26回植樹祭以来、46年ぶり2度目の開催になる。

 開催都道府県とともに植樹祭を主催する国土緑化推進機構(東京都)が、同日開いた理事会で内定した。県は9月に植樹祭の準備委員会を設立し、開催の理念や規模、主会場候補地などを記した基本構想を本年度中に策定する方針。開催時期は植樹のタイミングなどから春となる見通しだが、日時は20年に決まる見込み。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索