世界遺産にスター・ウォーズ 京都・平等院でヒット祈願

世界遺産にスター・ウォーズ 京都・平等院でヒット祈願

 京都府宇治市宇治の世界遺産・平等院で12日朝、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のヒット祈願が行われた。同市出身の武人画師こうじょう雅之さん(39)が手掛けたキャラクターの屏風(びょうぶ)や作品の要素を取り入れた狂言が披露されたほか、人気キャラクターも登場して盛り上げた。

 同作は世界的な人気シリーズの最新作で、12月15日から公開される。ヒット祈願は、日本文化にも影響を受けたとされるシリーズの魅力をアピールしようと企画された。

 屏風は高さ約1・7メートル、幅約3・3メートルで、人気の「C−3PO」や「R2−D2」「カイロ・レン」が墨痕鮮やかに生き生きと描かれている。こうじょうさんは「作品では人間の覚悟を描いており、見る人にはさまざまなとらえ方をしてほしい」と語った。

 大蔵流狂言師の茂山千三郎さんらによる「スター・ウォーズ狂言」は、古典演目「文荷(ふみにない)」がベース。役者の声がボイスチェンジャーでC−3POなど映画のキャラクターの声に変換され、普段とは一風異なる舞台となった。

 ライアン・ジョンソン監督は「スター・ウォーズの様式は日本の文化や美意識に非常に近いものがある」と話していた。会場には山田啓二知事らも訪れ、最後に同寺の神居文彰住職が祈願の法要で締めくくった。

 屏風は13日〜10月1日に近くの同市観光センターで展示される。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索