京都ロイヤルホテル閉業へ 売却先、建て替えも

京都ロイヤルホテル閉業へ 売却先、建て替えも

 京都市中京区河原町通三条上ルの老舗ホテル「京都ロイヤルホテル&スパ」が、来年1月31日で閉業することが12日、分かった。保有する東京都の投資会社が施設の老朽化で改修を検討したが、多額の耐震費用がかかるため売却を決めた。売却先は、現在の建物を取り壊し、新たにホテルを建設する意向を示しているという。

 同ホテルは地上10階地下3階建て延べ3万4600平方メートル。客室数は443室で、結婚式場や宴会場も備える。

 関係者によると、開業から40年超が経過した同ホテルの建物は現行の耐震基準を満たしておらず、大規模な改修や建て替えが必要だった。ただ、改修には数十億円規模の費用が必要となる上、補強材の設置で客室などが狭くなり、収益性の低下も見込まれるため、投資会社が売却を決定した。既に入札を行い、買い手が決定した。

 同ホテルは1972年に開業。86年にはセゾングループの西洋環境開発(東京都)の傘下に入ったが、同社の特別清算に伴い、東京都の投資会社が2001年に取得した。05年にエステサービスなどを提供するスパの開設に合わせ、現在の名称に変更した。河原町通に面した立地の良さから地元客による宴会利用が多く、近年は訪日外国人観光客の増加を受けて客室稼働率も順調だったと見られる。

 京都市内のホテルでは近年、運営主体の変更で建て替えを行う例が相次いでいる。中京区の鴨川沿いにあったホテルフジタ京都の跡地には、外資系高級ホテルのザ・リッツ・カールトン京都が14年に開業した。同区の京都国際ホテル跡地では、三井不動産が20年前後に200室規模の高級ホテルを建設する計画を明らかにしている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索