働き方改革、小規模企業しわ寄せ回避を 滋賀商工会連

 滋賀県商工会連合会(川瀬重雄会長)は13日、国の「働き方改革」に関する各種施策についての要望書を滋賀労働局の大山剛二局長や三日月大造県知事宛てに提出した。取引企業の短納期発注に対応せざるを得ないといった小規模企業の実態を理解し、過度な負担にならない施策とするよう求めた。

 政府は長時間労働の抑制や非正規労働者の待遇改善に向け、残業時間に上限を設けて違反に罰則を科すことを盛り込む「働き方改革」関連法の成立を目指している。

 要望書では、同連合会も働き方改革の重要性は認識するが、小規模企業は大企業の長時間労働是正のしわ寄せを受けかねず「自社の企業努力では(働き方改革が)実行できないことが考えられる」と指摘。長時間労働につながる取引慣行の是正や相談窓口の設置、生産性向上に向けた支援措置の充実などが必要と求めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索