奥深いミニチュアの世界 滋賀で「ひよっこ」田中さん作品展

奥深いミニチュアの世界 滋賀で「ひよっこ」田中さん作品展

 NHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」のタイトルバック模型を担当したミニチュア写真家田中達也さんの「MINITURE LIFE(ミニチュアライフ)展」が滋賀県彦根市竹ケ鼻町のビバシティ彦根で開かれている。

 鉛筆など文具やブロッコリーなどの食品サンプルを建造物や樹木に見立て、人形と組み合わせた立体作品と、立体を田中さんが撮影した写真約100点を展示。ユーモアや風刺を効かせたタイトルと相まって、思わずクスッと笑わせる。

 ひよっこで使われた「畳の畑」やコッペパンの鉄道模型が走る「新パン線」などの展示作品は撮影も可能で、会場を訪れたファンらがスマートフォンで思い思いに写真や動画におさめていた。

 病院事務亀板淳子さん(34)=近江八幡市=は「タイトルと作品にしゃれが効いている」と話した。14日まで。有料。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索