京都2位、トラック勝負で長崎逆転 全国女子駅伝

京都2位、トラック勝負で長崎逆転 全国女子駅伝

 皇后杯第36回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)が14日、京都市右京区の西京極陸上競技場を発着点に左京区の国立京都国際会館前を折り返す9区間42・195キロで行われ、7区でトップに立った兵庫が2時間15分28秒で14年ぶり4度目の優勝を果たした。

 兵庫は前半から好位置を保ち、6区後藤夢(西脇工高)がトップと2秒差に肉薄。7区の樽本知夏(須磨学園高)が逆転し、そのまま独走した。

 連覇を狙った京都は2位。2区の15位から粘って上位に行き、アンカーの一山麻緒(ワコール)がトラック勝負で長崎を抑えた。3位の長崎は、4区広中璃梨佳(長崎商高)の区間新記録の快走で一時は首位に立った。

 滋賀は4区桑原彩(積水化学、比叡山高−佛教大出)の区間8位の力走などで前回より順位を四つ上げ、22位でゴールした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索