水かぶり裸踊り、無病息災願う 京都・法界寺

水かぶり裸踊り、無病息災願う 京都・法界寺

 下帯姿の男たちが体をぶつけ合う「裸踊り」が14日夜、京都市伏見区日野の法界寺で営まれた。冷え込む境内に威勢のいい男たちの「頂礼(ちょうらい)、頂礼」の掛け声が響き渡り、参拝者が無病息災を願った。

 裸踊りは江戸中期に始まったとされ、五穀豊穣などを祈願して元日から続く「修正会(しゅしょうえ)」を締めくくる結願(けちがん)法要で営まれる。同寺は安産、授乳の信仰があり、下帯は安産祈願の腹帯として尊ばれている。

 午後7時15分ごろ、僧侶たちがほら貝を吹きながら現れ、薬師堂で読経した。国宝の阿弥陀堂では、地元の子どもたちが手をたたきながら、元気な声で仏への帰依を意味する「頂礼」を連呼した。

 その後、水をかぶった大人の男性17人が登場。大声をあげながら、白い湯気を立てて激しく体をぶつけ合う迫力ある姿に、参拝者たちが見入っていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索