滋賀の鳥インフルは弱毒性 野生カルガモ死骸から検出

 滋賀県彦根市で見つかった野生のカルガモ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た問題で、環境省と滋賀県は15日、鳥取大で実施した確定検査の結果、ウイルスは高病原性ではなく、弱毒性だったと発表した。

 環境省は同日、死骸の発見地点から半径10キロ圏を対象としていた野鳥監視重点区域の指定を解除した。

 1日に同市の住宅街でカルガモ1羽の死骸が見つかり、簡易検査では陰性だったが、国立環境研究所(茨城県)の遺伝子検査では陽性だったため、確定検査に回していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索