2千年ハス、今年も開花 滋賀・弥生の森歴史公園

2千年ハス、今年も開花 滋賀・弥生の森歴史公園

 2千年以上前の種子から発芽した古代のハス「大賀ハス」が弥生の森歴史公園(滋賀県野洲市辻町)で見頃を迎えている。例年より1週間ほど早い開花で、直径約20センチの淡いピンク色の花が咲いている。

 大賀ハスは、故大賀一郎博士が1951年に千葉市の遺跡で発見されたハスの種子を発芽させたことから命名。同園はオープンした88年から栽培している。

 午後には花弁が閉じるので、見学は午前中が適している。同園は「2千年ハスといわれる日本古来の花を見てほしい」とする。見頃は7月初旬まで。月曜休園。入場無料。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索