「裁判取り下げる」詐欺 大津の女性が200万円被害

 大津署は13日、大津市のパート従業員女性(60)が弁護士を名乗る男らに計205万円をだまし取られたと発表した。同署が特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性宅に5日、「訴訟最終告知のお知らせ」と記したはがきが届いた。連絡先に電話をすると弁護士を名乗る男に「通販で買った商品で未払いがあり裁判となっている。保証金として現金5万円を支払うように」と言われ、6日、コンビニで5万円を支払った。さらに、訴訟を起こしたという男から「200万円を払えば裁判を取り下げる」と電話があり、11日に現金200万円を宅配便で送ったという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索