京都賞に京大の柏原氏ら 代数解析学の第一人者

京都賞に京大の柏原氏ら 代数解析学の第一人者

 稲盛財団(稲盛和夫理事長)は15日、科学や文明の発展、精神の深化などへの貢献をたたえる「第34回京都賞」の受賞者を発表した。基礎科学部門に、現代数学の代数解析学の第一人者である柏原正樹・京都大数理解析研究所特任教授(71)を選んだ。

 先端技術部門は、神経活動をミリ秒単位(ミリは千分の1)で制御できる脳機能の研究手法を開発したカール・ダイセロス米スタンフォード大教授(46)、思想・芸術部門は、身体表現のライブとビデオ映像の融合など先駆的な表現形式で知られるジョーン・ジョナス米マサチューセッツ工科大名誉教授(81)にそれぞれ決まった。柏原氏は、代数解析学の要となる「D加群」と呼ばれる理論を基礎から構築。この理論の展開と応用により、多岐にわたって現代数学の発展に貢献したことが評価された。

 授賞式は11月10日、京都市左京区の京都国際会館であり、これまでの2倍に増額された賞金1億円とメダルが各氏に贈られる。(芦田恭彦)

 ■柏原正樹氏 代数解析学で中心的な理論を確立後、幾何学と代数学、解析学を融合させた研究などを手掛けた。国内外の数学者と共同研究も多く、現代数学の各分野で重要な成果を挙げ続けている。

 ■カール・ダイセロス氏 光で活性化するタンパク質を遺伝子操作で神経細胞に導入し、神経活動を精密に制御する「光遺伝学」を開発。脳の各領域がどのような機能と行動を担っているかを解明する研究分野に大きな変革を起こした。

 ■ジョーン・ジョナス氏 1970年代以降、身体表現とビデオアート、朗読など異なる要素が入り組んだ重層的な作品を発表し続けている。現代美術の最先端の表現形式はもちろん、教育者として後続の作家に多大な影響を与えている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

京都新聞の他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索