生殖細胞が卵子へ変化する過程の一端を解明したと、京都大高等研究院の斎藤通紀教授のグループが発表した。卵子への変化に重要な遺伝子を突き止め、生殖細胞の性が決まるプロセスや不妊の原因の解明につながるという。米科学誌サイエンスに14日掲載される。

 斎藤教授らは既に、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から卵子の作製に成功している。しかしどのように遺伝子が働いて卵子ができるのか、詳細は不明だった。
 斎藤教授や長岡創研究員は卵子の前段階である「卵母細胞」に着目。マウスを使って、雌雄で共通した性質を備えている始原生殖細胞から「卵母細胞」になる過程を分析した。ES細胞から作った始原生殖細胞が卵母細胞になる過程で働きが変化する遺伝子を解析すると、「ZGLP1」という遺伝子が卵母細胞への変化を促していることが分かった。
 さらに解析を進めると、ZGLP1は卵子の形成に必要な遺伝子全般の制御に関わるなど、非常に重要な働きをしていることが明らかとなった。
 斎藤教授は「卵子のできる過程の解明がまた一歩進んだ。ヒトの卵母細胞の形成過程についても研究を行いたい」と話している。