東京五輪男子マラソン代表の最終3枠目を決める「びわ湖毎日マラソン」(3月8日)の出場選手が14日、発表された。昨年9月の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」4位の大塚祥平(九電工)や同7位の鈴木健吾(富士通)、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)らが名を連ねた。

 五輪代表の残り1枠を争うMGC「ファイナルチャレンジ」対象3レースの最終戦。第2戦の東京マラソン(3月1日)を含め、2時間5分50秒の日本記録を破った最速選手が最後の1人に決まる。該当者が出なければMGC3位の大迫傑(ナイキ)が代表となる。
 今大会は暑さなどを配慮し、スタート時間を午前9時15分に繰り上げる。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「東京マラソンの記録を踏まえて相当高いレベルの戦いになると思う。果敢に挑戦してほしい」と期待を込めた。