室町時代後期(戦国時代)に築かれた大規模な堀跡が、京都市上京区の京都府庁内の発掘調査で見つかったと、府埋蔵文化財調査研究センターが13日発表した。建物を守る防御施設「構(かまえ)」の一部とみられ、最大3本が併存した可能性もあり、戦国期の緊迫した京の情勢を物語る。

 堀跡は空堀で3本見つかり、16世紀前半ごろに機能していたとみられる。敷地南側の東西方向の1本は幅5メートル・深さ2メートルに及ぶが、調査地の北側で見つかっている上京を囲った防御施設「惣構(そうがまえ)」の堀(幅6メートル、深さ3・5メートル)に比べると、やや小規模になる。堀の南側には、根石6個が等間隔で並び、高い塀か櫓(やぐら)が立ち、さらに南側に建物もあったとみられる。

 残る堀は幅2・7メートルと深さ1・4メートル、幅4・5メートルと深さ2メートルの規模で、一時的に併存し、小ぶりながらも三重で建物を囲った可能性もあるという。

 応仁の乱(1467〜77年)後、戦国期を迎えた京都では、朝廷や幕府のある上京、町衆が多い下京に二分され、両街区を惣構の堀と土塁で囲う城塞化が進んでいた。今回の堀は出土した遺物から乱後に築かれ、法華宗と延暦寺が衝突した天文法華の乱(1536年)の終息に伴い埋められたとみられるという。

 府埋蔵文化財調査研究センターの井上満郎理事長は「調査地は上京・下京の惣構の中間に当たるが、こうした区域でも戦乱に備えた防御施設を整えていることが分かる。一定の権力や財力を持った公家や武家のほか、土倉・酒屋といった商人の建物が自衛のために築いたと想定できるが、戦乱下の京都の緊迫した状況を示す」と話している。
 発掘調査は文化庁の移転先となる新庁舎建設に伴い、約1300平方メートルを2月下旬まで調べている。現地説明会は15日午前10時〜正午に予定。小雨決行。