京都府教育委員会は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止で臨時休校の措置が取られた府立学校について、4月の始業式から予定通り再開すると発表した。春休み中の部活動は25日から条件付きで認める。

 4月の新学期は8日からで、十分な換気や至近距離での会話を避けるなど感染拡大防止を徹底して教育活動に当たるとした。入学式も8、9日に規模を縮小して開く。京都市教委はすでに予定通り市立校の再開を決め、入学式も7日以降に行う。

 府立高などの部活動の実施は、自校部員だけによる校内活動に限定し練習試合や合宿は禁止▽多くの観客が長時間、閉鎖空間に集まる発表会は開催禁止▽活動時間は2時間以内▽多くの生徒が同一施設を同時に使用しないよう時間や場所の割り振り−などを条件にする。

 府教委は同日、京都市教委を除く市町教委などに、文部科学省の指針を踏まえ府立学校の対策も参考にして適切に対応することを求める通知を出した。