京都府向日市のアパート駐車場で昨年6月、女性の遺体が見つかり住民ら3人が逮捕された事件で、死体遺棄罪に問われた向日市職員の男(30)の判決公判が26日、京都地裁であった。柴山智裁判官は「(主犯に)従属的とはいえ、重要な役割を果たした」として、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 判決によると、市職員の男はケースワーカーとして担当していた男(56)=傷害致死罪などで起訴=と共謀し、昨年6月1日、男のアパートに同居していた女性=当時(43)=の遺体をブルーシートなどで覆って隠した。同月4〜5日には、男の知人の男(52)=死体遺棄罪で有罪確定=と3人で、市職員の男名義で借りたアパート2階の一室に、11日まで遺体を隠した。

 柴山裁判官は判決理由で、生活保護を受けていた男から理不尽な要求を受け続け「従属的な立場で関与した」と指摘。職場の上司ら周囲の協力を得られず孤立して疲弊した状況だったとして「男に従わざるを得ない心境にあったことは相応にくむべき事情」と述べた。一方で、犯行への加担は「一連の理不尽な要求とは質的に異なる」とし、上司や警察への相談は可能で、一定の非難は免れないとした。

 柴山裁判官は判決言い渡し後「いろいろと苦しいことがあったかもしれない。十分反省していると思うが今後は気をつけてください」と説諭。市職員の男は前を向き「はい」と答えた。