東映太秦映画村(京都市右京区)に、1万点の映画台本をはじめ、関連資料をそろえた「映画図書室」が7月1日にオープンする。「宮本武蔵」「仁義なき戦い」「極道の妻(おんな)たち」など東映京都撮影所で作られた名作、「ゴジラ」やジブリアニメなど他社作品も含め、半世紀近くかけて収集した貴重な資料を無料で閲覧できる。

 映画村は1975年の開村当初から時代劇の撮影セットを公開するとともに、映画資料の収集に努めてきた。正門近くの映画文化館には「映画の殿堂」があり、監督やスターゆかりの品々を展示しているが、台本や書籍の大半は、これまで非公開の倉庫にしまっていた。京都大の協力を得て整理を進めた。

 台本では、市川右太衛門主演「江戸恋双六」(1951年)など東映京都の設立当初からはもちろん、林長二郎(長谷川一夫)主演の松竹京都「雪之丞変化」など戦前の映画も多くそろう。溝口健二、黒澤明ら巨匠の作品、俳優やスタッフの書き込みのある台本もある。

 「ゴジラ」シリーズ1作目(54年)の台本は、まだ企画段階とみられ、「G作品」という符号が表紙に記されている。宮崎駿監督「天空の城ラピュタ」(86年)は、準備稿の台本がある。

 図書室は閉架式で常駐スタッフに希望する資料を伝え、閲覧する。映画村の河西央・管理部長(51)は「所蔵台本はネットで検索もできるようにするので、研究などに役立ててもらえれば。写真などのアーカイブ化も今後進めたい」とする。

 図書室は正門側ではない西側の撮影所口チケット売り場2階に新設。月〜金曜の午前10時〜正午、午後1時〜4時。閲覧希望の5日前までにhttps://www.toei-eigamura-library.comで要予約。映画村入村料も不要。図書室075(864)7718=平日のみ。