筆者のサロンでは、冬になると「くすみやクマが気になる」と駆け込むお客様が増えます。その原因の一つに、「血液循環」が悪いことが挙げられます。

クマやくすみは、寒さから身体が冷えると、血液の循環が悪くなって起こる場合があります。血行が良いことはもちろん、血液の質が良く、血液の量も十分であることがくすみやクマの改善につながり、美肌づくりにおいても大事なポイントとなります。

大切なのは、「血液の質」「血液の量」「血液のめぐり」の3つです。エステティシャンの筆者が、この3つが十分であるために日常生活で意識したい習慣をお伝えしていきます。

■質:こまめな水分摂取を習慣に

血液の巡りを良くするためには、血液の質が重要です。

例えば、甘いものや脂っこいものばかり食べて水分が足りていない状態、いわゆる「ドロドロ血液」では細い血管をうまく巡ってくれません。そうならないためにも、食生活を見直しましょう。

冬は寒くて水分摂取が少なくなりがちなので、こまめに水を飲むことも意識しましょう。

■量:貧血状態を改善する

健康診断などで貧血を指摘されるような場合は、お医者さんの指示に従い貧血を改善しましょう。「健康診断では貧血と指摘されなかったが数値が低い」場合は、日々の食事を見直しましょう。

貧血状態だと、くすみやクマが起きやすい環境となりますし、健康な肌をキープしにくくなってしまいます。

ひじき、レバー、ほうれん草などの「鉄分」が豊富な食事を心がけるようにしましょう。よもぎ茶やデーツなどは鉄分も摂取でき、毎日のお茶やおやつとして摂りやすいのでおすすめです。

■巡り:血行促進を心がける

寒い季節は、普段以上に身体を温めることが大事です。「湯船に浸かる」「首、足首やお腹の周りを冷やさないようにする」「運動をして血行を促進する」などのことを意識しましょう。

運動をして筋肉量があがれば、筋肉の運動や基礎代謝によって、より多くの熱をつくることができるので、冷えにくい身体につながります。身体を温める働きのあるハーブティーや食事を心がけるのもいいですね。

血液の「質」「量」「巡り」の3つがそろえば、くすみやクマの悩みから解放されるだけでなく、健康や美肌にグッと近づくことができます。私たちの肌や内臓は血液が栄養を運んでつくられるので、その血液の質、量、巡りがいいことは非常に重要です。ぜひ、ご紹介したことを意識して日々を過ごしてくださいね。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美
自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。)

【関連記事】
・毎日食べて内側から潤いケア!肌を乾燥から守る食べ物3つ
・ついスーパーで無駄遣いしている!?食費が高くなるNG行動
・栄養士に聞く、ダイエットフードに「高野豆腐」が最適な理由
・痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
※成分情報 ヨモギ – わかさ生活
※デーツ(ナツメヤシの実)について – デーツ専門店パルミラ