スイーツを楽しみながら、ダイエットや美肌づくりができたらいいと思いませんか? そんな願いを叶えてくれるのが、今注目したい食材の「キャロブ」です。

美と健康を支えてくれる栄養素が豊富に含まれているキャロブは、海外のセレブたちの間でも人気のスーパーフードです。

ウエルネス&ビューティーライター、ローフード・マイスターの筆者が、キャロブで作る簡単なスイーツレシピをご紹介します。

■「キャロブ」ってどんなもの?

「キャロブ」とは日本名を「イナゴマメ」といいます。地中海地方で栽培されているマメ科の植物です。カカオと香りがよく似ていて、海外ではココアの代用品としても親しまれています。

また、ノンカフェインなので、カフェインの摂取を控えている方には打ってつけの食材です。キャロブそのものにも甘味があるので、スイーツの材料としても使いやすいです。

■大人女性にうれしい栄養素が豊富に含まれている

キャロブは、大人女性が積極的にとりたい「カルシウム」や「鉄分」「食物繊維」といった栄養素をふんだんに含んでいます。

ストレスや貧血に負けない身体を育てるためや、腸活のアイテムとしても大いに利用できる食材です。

■血糖値を下げる効果も期待

キャロブに含まれている栄養素で注目したいのが「ピニトール」という成分です。

これは、血糖値を下げる作用が期待できる植物由来の天然成分で、糖質の摂取を控えている方にもおすすめしたいものといわれています。

■「キャロブ」のスイーツレシピ3つ

キャロブのパウダーは、自然食品店や製菓材料店で入手することができます。レシピはシンプルですので、ぜひトライしてみてください。

(1)米粉のキャロブケーキ

チョコレートケーキ風の一品。グルテンフリーです。

材料(作りやすい分量)

・米粉 200g

・キャロブパウダー 10g

・ベーキングパウダー 10g

・てんさい糖 60g

・豆乳 200ml

・リンゴジュース 60ml

・こめ油 40ml

作り方

(1)ボウルに米粉、キャロブパウダー、ベーキングパウダー、てんさい糖を入れて混ぜ合わせます。

(2)(1)に豆乳、リンゴジュース、こめ油を加え、泡立て器を使ってよく混ぜ合わせます。

(3)(2)をケーキカップに注ぎ、180度のオーブンで20分焼きます。粗熱がとれたら完成です。

(2)チョコレート風ムース

ダイエットや美肌効果が期待できる「クコの実」を加えた美容スイーツです。

材料(作りやすい分量)

・カシューナッツ カップ1

・水 カップ3/4

・キャロブパウダー 大さじ3

・メープルシロップ カップ1/4

・クコの実 5〜6粒

作り方

(1)カシューナッツはビニール袋に入れて、麺棒などで細かく砕いておきます。

(2)ミキサーで(1)と水、キャロブパウダー、メープルシロップ、クコの実を攪拌します。なめらかになれば完成です。

(3)キャロブのブラウニー

ココアや卵、バター、小麦粉も使わない、ヘルシーなスイーツです。

材料(作りやすい分量)

・キャロブパウダー 80g

・米粉 100g

・ベーキングパウダー 大さじ1/2

・メープルシロップ 大さじ1

・レーズン 50g

・こめ油 10g

・豆乳 220ml

作り方

(1)ボウルにキャロブパウダー、米粉、ベーキングパウダー、メープルシロップを入れてよく混ぜ合わせます。

(2)(1)にこめ油を加えて混ぜ合わせます。

(3)(2)に豆乳、レーズンを加えてさらに混ぜ合わせます。

(4)天板にクッキングシートを敷き、(3)をスプーンですくって落としていきます。落としたらスプーンの背で表面を整え、180度のオーブンで30分焼けば完成です。

美味しいスイーツで美と健康のレベルが上がるなんて、うれしいですよね。スーパーフードの「キャロブ」を使ったお菓子を定番化すれば、ダイエットによるストレスも緩和されるはずです。もっと「キャロブ」を使いこなして、ハッピーに美しさを磨いていきましょう。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
・毎日食べて内側から潤いケア!肌を乾燥から守る食べ物3つ
・ついスーパーで無駄遣いしている!?食費が高くなるNG行動
・栄養士に聞く、ダイエットフードに「高野豆腐」が最適な理由
・痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
※クコ – わかさ生活