最近は、買い物の頻度が減ったり、ネットスーパーで約1週間分のまとめ買いをしているという人もいらっしゃると思います。しかし、上手にストックを使えなかったり、自炊頻度が増えたことでワンパターンな料理に飽きてしまいがちです。

インナービューティー料理研究家の筆者が、備蓄におすすめの食品と、誰でも手軽に作ることができるアレンジ料理をご紹介します。

■缶詰を使ったアレンジ料理

常温保存できる缶詰は、非常食としてストックしておきたい食品です。賞味期限が長いのも嬉しいポイントです。

魚の缶詰

さばと岩海苔の温うどん

・ショウガなどの薬味とうまみたっぷりのキノコ類、旬の春キャベツなどを加えてあたためるだけで、簡単なおかずが完成します。

・あたたかいそばやうどんにトッピングして、食べごたえと栄養価アップを狙えます。

・オリーブオイルやトマト、残り野菜と合わせて、簡単パスタソースが完成します。

焼き鳥・コンビーフ・スパムなどの缶詰

焼き鳥・コンビーフ・スパムなどの缶詰

・ジャガイモやチーズを合わせて、即席グラタン(チーズ焼き)にアレンジできます。

・ピザやトーストの具材としてトッピングすると、満足感がアップします。

・マヨネーズと和えて、レタスなどの野菜類と一緒にサンドイッチの具材にすることができます。マスタードを少し加えれば大人の味になります。

・溶き卵をまとわせて焼けば、お弁当のおかずにもぴったりな「ピカタ」が完成します。

■乾物系のアレンジ料理

乾燥野菜

味噌汁の具材にもなる「乾燥野菜ミックス」は、汁物だけではなく炒め物や煮込み料理にも使える万能食材です。乾燥することで余分な水分が抜けて野菜のうまみがぎゅっと凝縮された干し野菜は、栄養価が高いことも嬉しいポイントです。

うっかり生鮮類を買い忘れた時や、あと一品野菜料理が欲しいという時にサッと使えます。美容にも欠かせない「ビタミン」と「ミネラル類」の補給におすすめです。

キノコ類

「干しシイタケ」や「きくらげ」などの乾燥キノコは、うまみがたっぷり含まれています。料理に少し加えるだけで美味しさが引き立ちます。

「食物繊維」や不足しがちな「ビタミンD」も補給することができます。便秘対策のためにもおすすめの食材です。

高野豆腐

常温保存できる「高野豆腐」。ハードルの高い和食のイメージがありますが、最近はレンジで簡単に作れる高野豆腐も増えています。

高野豆腐には「大豆イソフラボン」をはじめ、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄」「亜鉛」「マグネシウム」など、成人女性に不足しがちな栄養素がバランスよく含まれています。

乾麺

「そば」「うどん」「パスタ」などの乾麺はチルドタイプに比べて賞味期限が長く、冷凍麺のように冷蔵庫のスペースをとらないことがポイントです。コシがあり、のど越しの良いそばとうどんや、パスタの小麦の味が引き立ったでき立ての美味しさを楽しめます。

糖質が気になる方は、うどんやパスタよりも低糖質なそばがおすすめです。

冷凍食品

総菜系は保存料や香料などの添加物が加えられている場合が多いので、ラベルをよくチェックしてみてください。

旬の時期に収穫し、茹でたあとに急速冷凍された野菜類や、ミックスベリーなどのフルーツ類がおすすめです。なるべく「国産物」を選びましょう。

最近は、必要な商品を必要な分だけ購入することが大切です。なるべく人が少ない時間帯に買い物をし、周りにも配慮して買い物をしましょう。近所のスーパーなどの状況にもよりますが、ネットスーパーやリフレッシュにもなるお取り寄せ品の活用もおすすめです。

免疫力を下げないためにも、栄養バランスの良い食事は不可欠です。かしこい買い物をして、より良い暮らしになるようにしたいですね。

(インナービューティー料理研究家 フードコーディネーター 國塩亜矢子
「楽しく正しく食べてカラダの中からキレイに健康に」をモットーに、インナービューティーを軸としたコラム執筆やレシピ開発等を通じ女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。)

【関連記事】
・毎日飲んで紫外線対策!美肌づくりに役立つ身近な飲み物3つ
・不足しがちな栄養たっぷり!バスク風チーズケーキのレシピ
・芯まで美味しく食べて美肌に!春キャベツの簡単レシピ2選
・トマトジュースで代謝アップ!?冷えない身体を作る飲み方