「美容院への外出もできるだけ控えたいけれど、白髪が気になる」という方もいらっしゃいますよね。

美容師の筆者が、お家で簡単にできる白髪染めのコツをご紹介します。

■お家で簡単にできる白髪染めのコツ

準備するもの

・カラー剤

・ラップ

・ティッシュ 2枚

・ダッカール(髪をとめるクリップ)または、髪を結ぶゴム

事前準備

(1)白髪染めをする前に、必ずパッチテストを行うようにしてください。皮膚に異常を感じた場合は、直ちにテスト液を洗い流し、染毛しないでください。

(2)前あきの洋服の首元にラップを巻きつけます。もし、ケープをお持ちの方は、そちらを使用してもかまいません。

ブロッキング(髪を小分けにし、それぞれを留める)をしてダッカールでとめます。トップは普段の分け目でブロッキングします

ブロッキング(髪を小分けにし、それぞれを留める)をしてダッカールでとめます。トップは普段の分け目でブロッキングします

(3)ブロッキング(髪を小分けにし、それぞれを留める)をして、ダッカールでとめます。トップは普段の分け目でブロッキングします。

カラー剤を塗る時のコツ

カラー剤を塗る時は、ハケをねかせて薬をのせるように塗ります。根本からしっかり塗ってください。

ハケをたたせて塗ると、せっかく塗ったカラー剤がきちんと塗布されていない場合があります。もともと浮きやすい白髪にしっかりカラー剤をつけるため、根本にためるように塗ることがポイントです。

暗めのカラーをされる方は、カラー剤がフェイスラインにつくと色が残りやすいので、保護するためにワセリンを塗ることをおすすめします。

白髪染めのやり方

まずは、分け目と生え際を塗ります

まずは、分け目と生え際を塗ります

(1)まずは、分け目と生え際を塗ります。

5ミリくらいをベースに、ブロッキングして塗っていきます

(2)5ミリくらいをベースに、ブロッキングして塗っていきます。

ブロッキングした髪をたるませたまま塗ってしまうと根元からしっかり塗れないため、髪の毛もハケも0度の角度で塗っていきましょう

こちらはNG画像です。ブロッキングした髪をたるませたまま塗ってしまうと、根元からしっかり塗れないため、髪とハケの角度が0度になるように塗っていきましょう。

放置の仕方がポイント

白髪染めの放置の仕方にはポイントがあります。白髪はとてもハリがあり、浮きやすいため、とにかく密着させることが大切です

白髪染めの放置の仕方にはポイントがあります。白髪はとてもハリがあり、浮きやすいため、とにかく密着させることが大切です。

フェイスラインの髪は浮きやすく短い毛もあるため、ティッシュで押さえて先ほど首に巻いていたラップでそのまま密封させましょう

フェイスラインの髪は浮きやすく短い毛もあるため、ティッシュで押さえて、先ほど首に巻いていたラップでそのまま密封しましょう。

放置時間は、だいたい20分前後でOKです。時間をおきすぎても髪にダメージが起こるため、表記時間がある場合は、その時間を守るようにしてください。

染まりづらい方は、冷房にも注意が必要です。冷房が効きすぎている場所だと染まりが悪くなるため、放置する場所も選びましょう。

シャンプーのやり方

桶にお湯を入れ、すこしづづカラー剤となじませながら乳化させます。乳化することでカラー剤が定着し、地肌についたカラー剤がとれやすくなります。

洗い残しがないよう、乳化した後はしっかりすすぎましょう。カラー後は、ダメージ保護のために集中ケアトリートメントを使うこともおすすめです。

後ろの髪を塗ることはむずかしいですが、見える部分だけでも応急処置をすることができます。ぜひ、行ってみてください。

(美容師/ヘアメイク/セミナー講師 Mayu)

【関連記事】
・自分で白髪を上手に染めたい!美容師が教える選び方&注意点
・たるみを自然に引き上げ!サイドの髪のリフトアップアレンジ
・簡単に「卵型」の輪郭に近づける!小顔に見えるヘアアレンジ
・ボブでも簡単にアレンジできる!大人のこなれボブアレンジ