「食事やお酒の量、運動量も今までと同じなのになぜか太ってきて、なかなか元の体型に戻せない」という悩みを抱えるアラフォー女性は多いと思います。

独自の顔エクササイズを考案、実践し「奇跡の70歳」と大人気の上野潤子さんも、普段から太り過ぎないように食事をコントロールして、引き締まった体型をキープしているそうです。

美容エディター&ライターの筆者が、上野さんが実践する「痩せるおかずの3つのルール」をご紹介します。

■大人女性はどうしても太りやすい?

アラフォー以降の女性は女性ホルモンの分泌量が減少してくることもあり、それまでよりも太りやすくなってしまいます。女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、脂質の代謝を促すという働きもあるため、エストロゲンの量が減少してくると以前よりも太りやすくなるということです。

リモートワークになってから運動不足気味になり、太ってしまったという人も多いと思います。運動ももちろん大切ですが、体重を落としたり美ボディをキープしたい場合は、食事内容にも気を配るようにしてください。

“アップップメソッド”で人気の上野潤子さんによると、「食べ物で身体が作られることを、しっかり意識しましょう。食事に気を配ることで、スムーズなダイエットにつながります。効果的にキレイになるために、食べ方はとても大事です」とのことです。

上野さんが実践している「痩せるおかずの3つのルール」をご紹介します。上野さんは「グルテンフリーインストラクター」の資格も持っているため、食の基本はグルテンフリーをベースとしています。

■痩せるおかずの3つのルール

(1)糖質の多い野菜はさける

「じゃがいも」「さつまいも」「かぼちゃ」「とうもろこし」の4つの野菜はさけましょう。

上野さんによると、「この4つの野菜をさけるのは、食後血糖値を急上昇させないためです。糖質が多い野菜なので、ダイエット中はさけた方が無難です。そのほかの野菜は「食物繊維」の補給源となるので、まんべんなく食べるようにしましょう」とのことです。

食後に血糖値が急上昇すると、血糖値を下げようとして、「インスリン」というホルモンが多く分泌されます。このインスリンは、糖を脂肪に変換して身体にため込む働きをもっています。

太りにくい身体を作るためには、血糖値をゆるやかに上げることがポイントです。そのためには、葉野菜やキノコ、海藻などの、「GI値(食品に含まれる糖質の吸収度合いを数値で示したもの)」が低い食べ物から食べるようにしてください。

(2)「水溶性食物繊維」を摂る

食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。ダイエット中は便秘対策として、ゴボウやきのこなどの不溶性食物繊維が注目されがちです。

ですが、ダイエットをする時は水溶性食物繊維も重要です。水溶性食物繊維は、水分を摂ることで消化吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

水溶性と不溶性の食物繊維がどちらも含まれている「納豆」「アボカド」「ワカメ」「オクラ」「ニンニク」などを食べると良いそうです。

コンビニの野菜はNG

時々、「毎日コンビニの野菜を山のように食べています」とおっしゃる方がいるそうですが、上野さんによると「それはNG」だそうです。

「コンビニの野菜サラダは、殺菌や野菜の状態を持たせるために強い成分のものが使われていると聞きます。なので、有用な水溶性食物繊維や栄養は残っていない場合があります。そこに添加物の多いドレッシングをかけて食べるので、ダイエットや健康にもおすすめできません」ということです。

(3)味付けに砂糖をなるべく使わない

「煮物やキンピラなど、和食には意外と砂糖を使うことが多いのですが、砂糖は血糖値を上げる最たるものなので、痩せるためには砂糖を使わないことが基本となります。私は現在、白砂糖はほとんど摂りませんが、どうしても甘みが必要という時には、本みりんや黒糖などを使っています」と上野さんはおっしゃっています。

甘味がどうしても欲しい場合は、白砂糖のかわりに黒糖やオリゴ糖、ハチミツ、アガベシロップ(メキシコのリュウゼツラン)など、できるだけ自然由来の甘味を使うことがおすすめです。

アラフォー女性に、ただ食べることを我慢するダイエットは不向きです。食事に気をつけて健康的なダイエットを心がけていきましょう。

(美容エディター&ライター 斎藤 真知子)

【上野潤子 プロフィール】

上野潤子 プロフィール

ビューティーライフナビゲーターとして「アップップメソッド」を考案。現在70歳とは思えない若々しさで大注目され、TVや雑誌にも多数登場。2019年2月に、初の著書『マイナス15歳の顔になれる アップップメソッド』(かんき出版刊)を出版し、大好評発売中。最近ではシニアユーチューバーとしても人気上昇中。「アップップメソッド」のレッスンは常に定員オーバーするほど大人気。第8回ミセス日本グランプリ60代の部でグランプリ受賞。

【関連記事】
・ちょい足しで栄養価UP!トマトの美肌効果を高める食べ方
・皮ごと食べて免疫力UP!?栄養士がキウイのパワーを解説
・低糖質・低カロリーでアレンジ自在!「塩キャベツ」の活用術
・フルーツでシミ対策!薬膳的・美肌のために食べたい果物3つ